ブルーハーツのサブスク配信一覧!2022年に解禁予定はある?

2022年8月、デビュー50周年を迎えたミュージシャンの矢沢永吉さんが、サブスク解禁を発表したことは大きな反響を呼びました。

サブスク解禁が進む中、今年こそはサブスク解禁があるか?!と話題になるアーティストも多数存在します。

その中の一つが、ザ・ブルーハーツではないでしょうか。

そこで、ザ・ブルーハーツのサブスク配信状況と、今後の解禁予定についてまとめました!

マキシマムザホルモンはサブスク解禁しない宣言!?
>>マキシマムザホルモンはサブスク解禁している?聴くにはどうすれば良い?

目次

ブルーハーツのサブスク配信一覧!

ブルーハーツのサブスク配信状況を調査してみました!

2022年10月現在、ブルーハーツを配信するサブスクはありませんでした。

唯一、YouTube Musicを利用すれば数曲聴けはしますが、サブスク解禁しているとは言い難い状況です。

スクロールできます
サービス名配信状況月額料金(税込)お試し期間
AppleMusic×480円〜1〜6ヶ月無料
Spotify×980円3ヶ月無料
Amazon ミュージック×〔Amazon Music Prime〕
プライム会員:無料
〔Amazon Music Unlimited〕
プライム会員:月額880円または年額8,800円
非プライム会員:月額980円
1ヶ月無料
LINE MUSIC×480円〜1ヶ月無料
AWA×480円〜1ヶ月無料
YouTube MusicYouTube Music:無料
YouTube Music Premium:980円
学生プラン:480円
ファミリープラン:1,480円
年払いプラン:9,800円/年
1〜3ヶ月無料

それでは、ブルーハーツの曲が聴ける「YouTube Music」とはどのようなサービスなのでしょうか。

YouTube Music

出典:YouTube Music
スクロールできます
月額料金(税込)YouTube Music:無料
YouTube Music Premium:980円
学生プラン:480円
ファミリープラン:1,480円
年払いプラン:9,800円/年
配信曲数
対応デバイススマートフォン/パソコン/タブレット
ダウンロード可能
※加入プランにより異なる
その他・特典1〜3ヶ月無料

YouTube Musicは、動画投稿サイトのYouTubeが2018年にスタートさせた、音楽ストリーミングサービスです。

他にもAppleMusicやSpotifyなど音楽ストリーミングサービスはいくつかありますが、YouTube Musicの最大の特徴は”YouTubeに投稿されている音楽が聴ける”という点にあります。

つまり、アーティストが歌う原曲のほか、YouTuberの曲やライブ映像、カバー楽曲なども楽しむことができるのです。

他の音楽ストリーミングサービスと比べると、聴ける音楽の数が多いという強みがあります。

出典:YouTube Music

また、有料プランのYouTube Music Premiumに登録すれば、曲をダウンロードしたり、バックグラウンドでの再生も可能なため、いつどこでも好きな音楽が聴けるというメリットも♪

何より広告が非表示になるので、より快適にYouTubeで音楽が楽しめるというのが最大の魅力です。

YouTube Music Premiumを利用する場合、使用する端末によっても料金が異なるため、料金プランに関して少しややこしさを感じるかもしれません。

しかし、曲だけの再生とミュージックビデオの切り替えができるようにもなるため、動画も音楽も楽しみたいという方におすすめのサービスです。

出典:YouTube

サブスク配信を行なっていないブルーハーツですが、こういった公式YouTubeアカウントが投稿した音楽であれば、YouTube Musicでは見たり聞いたりすることができます。

しかし、曲によってはショートバージョンしか取り扱いがない場合もあるので、どうしても聞きたい曲がある場合には登録前の確認をお忘れなく。

YouTube Musicには無料版もありますので、まずはこちらで使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

【YouTube Musicのメリット】
・YouTube内にある作品が聴ける
・YouTuberや歌い手の曲も聴ける
・ダウンロードできていつでも好きな音楽が楽しめる

【YouTube Musicのデメリット】
・料金体系がややこしい
・ショートバージョンしか取り扱いがない場合がある

YouTubeのサブスクについて詳しく知りたい方はこちら
>>YouTubeのサブスク!プレミアムでできること&安く入る方法は?

ブルーハーツのサブスク 2022年の解禁予定は?

ここ数年で、B’zやMr.Children、サザンオールスターズといった長年愛されるアーティストも、続々とサブスク解禁している状況です。

しかしブルーハーツは、2022年もサブスク解禁に関する情報は出ていません。

サブスク解禁に関しては、すでに解散しており当時のレーベルとメンバーを交えて話し合いが必要なため難しいのでは?という見方もあるようです。

さらに甲本ヒロトや真島昌利が、ブルーハーツ解散後に結成したザ・クロマニヨンズなどの楽曲も、サブスク配信していません。

サブスク配信に関しては「直接CDを手にとって欲しい」「音質にこだわりたい」「サブスクでは伝えられない世界観がある」などの理由で解禁していないアーティストも数多くいます。

ブルーハーツも同じように理由があってサブスク解禁しないのかもしれませんね。

まとめ

以上、ザ・ブルーハーツ のサブスク解禁状況についてお話ししました。

サブスク解禁はアーティストにとってもメリット・デメリットがあります。

ファンとしてはサブスクで色々な曲を手軽に楽しめたら嬉しい気持ちがありますが……

好きなアーティストだからこそ、彼らがサブスク解禁を決めるのを待ちたいですね。

マキシマムザホルモンはサブスク解禁しない宣言!?
>>マキシマムザホルモンはサブスク解禁している?聴くにはどうすれば良い?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次