クリーニングのサブスクおすすめ4選!比較&評判もご紹介

職業柄シャツやスーツを着る機会が多い方の1番のお悩みは洗濯ではないでしょうか?

忙しい日々の中で、アイロンをかける時間がなくても、シワシワの状態のまま着るわけにもいかないですもんね。

そこでおすすめなのが、クリーニングのサブスクです。

専用の箱などに入れて送るだけで、綺麗にクリーニングをした状態で受け取ることができるため、家事の時短を図りたい方におすすめです。

こちらのページでは、クリーニングのサブスクのおすすめサービスを、口コミ・評判と共にご紹介します!

目次

クリーニングのサブスクとは?

サブスク(サブスクリプション)は、決められた期間、一定のサービスを定額制で利用できるものです。

見逃したバラエティや海外ドラマが見られる動画配信サービスをはじめとして、自宅にお弁当ミールキットお菓子といった食品が届くサブスク、子育て中の方にぴったりな絵本おもちゃのサブスクなど……

サブスクのサービスの幅も広がってきており、すでに何か生活の中に取り入れている方も多いのではないでしょうか。

クリーニングのサブスクも、一定料金を支払うことで、衣類のクリーニングを依頼できるサービスです。

クリーニングのサブスクは、月額料金を支払い決まった量や回数クリーニングを行う月額制のものと、必要に応じて都度利用しながらオプション部分をサブスクで利用するタイプのものに分けられます。

利用頻度に合わせて、ぴったりのプランを探してみてくださいね♪

クリーニングのサブスクの選び方

クリーニングのサブスクを選ぶ際にポイントとなるのが、料金(コスパ)と利用頻度です。

ライフスタイルにあったクリーニングのサブスクを選ぶため、事前に気になるサービスの違いをしっかりと把握しておくことが重要です。

料金(コスパ)

先ほどもお話ししたように、クリーニングのサブスクは月額制のものと、都度利用するものに分けられます。

月額制であれば、料金は固定でクリーニングを依頼できる枚数もある程度決められています。

毎月の料金がはっきり分かるという点では優れていますが、毎月コンスタントにクリーニングに出すものが出るわけではないという方にとっては、損となる可能性も。

一方、都度利用タイプだと、クリーニングに出した分だけ料金がかかるため無駄はありません。

しかし金額が提示されるまで、どれくらいの支払いになるか分からないというデメリットがあります。

最寄りの店舗に持ち込んだ方が安いのか、クリーニングのサブスクを利用した方が安いのか、申し込み前にある程度把握できていれば安心です。

利用頻度

クリーニングのサブスクを利用する際には、利用頻度の把握も重要です。

月に何回利用するかでも、料金が変動します。

そんなに依頼するものがないのに、回数の多いプランを利用すれば損になります。

また、クリーニングに出してから受け取りまで数日程度時間を要するサービスも存在します。

「クリーニングが間に合わなくて困った」

なんてことにならないためにも、ご自身のクリーニングの利用頻度を申し込み前に再度確認しておくことをおすすめします。

クリーニングのサブスクおすすめ4選!

それでは、クリーニングのサブスクを行うサービスをご紹介していきます!

まずは、それぞれのサービスの比較ができるよう、料金や利用方法について簡単にではありますが、一覧表にまとめてみました。

スクロールできます
サービス名料金(税込)利用可能頻度対応エリア
リネット429円/月
5148円/年
※2,090円以上送料無料
※クリーニング代は衣類により異なる
なし全国
LACURI定期便9,780円/月〜
※送料無料
月1回/隔週/月2回/月4回全国
しろふわ便10,780円/月〜
※クリーニング利用料別
※送料無料
月5回/月8回/月12回東京一部エリア
Yclean
(ワイクリン)
9,680円/月〜
※送料無料
毎月/隔月全国

まず、「リネット」はクリーニングを依頼する衣類、1点1点に料金が発生します。

ひと月にクリーニングを利用する回数がある程度限られている方には、都度払いの「リネット」がおすすめです。

もし月に何着もクリーニングに出したいという方は、店舗へ依頼した場合との金額差も含めて、事前に料金を確認しておきましょう。

月額料金定額で利用したい方は、「LACURI定期便」または「しろふわ便」がおすすめ◎

いずれも指定された袋に詰め放題で利用することができるため、クリーニング利用頻度が高い方にぴったりのサービスです。

ただし「しろふわ便」は、基本料では洗濯のみの取り扱いで、クリーニング利用時には衣類ごとに別料金が発生する点に注意が必要です。

最後に「Yclean(ワイクリン)」はワイシャツのレンタル・クリーニングのサブスクです。

ワイシャツのクリーニングだけでなくレンタルもできてしまう画期的なサービスですが、それ以外の衣類には対応していません。

では、それぞれのサービスの特徴や評判・口コミについてみていきましょう!

リネット

出典:リネット
スクロールできます
料金(税込)月会費プラン:429円
年会費プラン:5148円
※2,090円以上送料無料
※クリーニング代は衣類により異なる
利用可能頻度なし
サービス対象エリア全国
※朝イチ便/夜イチ便は 以下のエリアに限られる
東京都(23区/狛江市/三鷹市/調布市/武蔵野市/小金井市/府中市/小平市/立川市/国立市/国分寺市)
神奈川県(川崎市高津区/宮前区/多摩区)
千葉県(市川市/浦安市)
初回契約条件なし
その他・特典新規プレミアム会員登録で
・全品30%オフ
・2ヶ月無料
・保管オプションの無料お試しあり
・全額返金保証あり
新規プレミアム会員登録+年会費プラン申込で
・2,640円分の割引券プレゼント

リネットは会員数が45万人を突破したクリーニングサービスです。

クリーニング依頼時と受け取り時は、専用の箱に入れて自宅で直接受け渡しを行うため、店舗に足を運ぶ必要もありません。

出典:リネット

そして気になるのが料金ですが……

ワイシャツ319円、スーツ上1045円、スカート1,133円、コート2,090円などとなっています。

便利なサービスでありながら、料金は店舗でのクリーニングにかかる金額と変わらないというのも、リネットが多くの人に選ばれている理由の一つです。

パック料金ではないので、クリーニングに出したい衣類が出てきたら、その都度専用のアプリから申し込みを行います。

必要な時に必要なものだけ依頼できるので、無駄がないのも嬉しいポイント◎

また、リネットには通常会員の他に、プレミアム会員というものが存在します。

月額420円のプレミアム会員になれば、朝6時〜24時まで集荷が可能(一部エリアのみ)になったり、コンビニや宅配ボックスでの発送が可能になります。

在宅時間に合わせて集荷をお願いできるため、仕事などで帰りが遅い方にもぴったりですね。

出典:リネット

プレミアム会員に初回登録した時には、2ヶ月間無料など様々な特典が受けられます。

また、預けた衣類をそのまま次に使うまで保管してくれる保管オプションも試すことができます。

さらに全品30%オフでクリーニングしてもらうこともできるなど、初回特典がとにかく豪華なんです!

プレミアム会員には月会費プランと、年会費プランがあるのですが、年会費プランを選択すると2,640円分の割引券までもらうことができます。

利用頻度に応じて、お好みのプランを選んでみてはいかがでしょうか。

リネットの評判・口コミ

【リネットのメリット】
・専用アプリでスムーズにやりとりができる
・ライフスタイルに合わせた使い方ができる
・初回特典が豪華

【リネットのデメリット】
・朝イチ便/夜イチ便はサービス対応エリアが限られる
・預ける衣類や枚数によっては送料が発生する

LACURI定期便

出典:LACURI定期便
スクロールできます
料金(税込)月1回コース:9,780円
2週間に1回コース:11,000円
月2回コース:17,600円
月4回コース:33,000円
※送料無料
利用可能頻度月1回/隔週/月2回/月4回
サービス対象エリア全国
初回契約条件月1回コース、月2回コース、月4回コース:最低3ヶ月の利用
2ヶ月に1回コース:最低6ヶ月の利用
その他・特典・枚数制限なし
・最短で4営業日での発送

毎月ある程度の量の衣類をクリーニングに出す方におすすめなのが、LACURI定期便です。

月1回から好きなタイミングで依頼することができ、なんと専用の集荷バッグに入るだけ詰め放題でクリーニングに出すことができるんです。

定額で使えるので、後から思った以上の金額を請求される心配もありません。

さらに、LACURI定期便は個別洗いを実施しています。

他の人の衣類と一緒に洗われることに抵抗がある方も、安心ですね。

出典:LACURI定期便

またLACURI定期便では、シミ抜きやボタン修理、毛玉取りといった細かい部分のお手入れまで、無料で行っています。

ただクリーニングをするだけでなく、衣類のメンテナンスまで行ってもらえるのは魅力的ですよね。

大切なお洋服を長く綺麗な状態で着たいという方にもぴったりのサービスだといえます。

LACURIの評判・口コミ

【LACURI定期便のメリット】
・専用集荷バッグに入るだけクリーニングに出せる
・契約回数内であれば、好きなタイミングで発送ができる
・完全個別洗いに対応している

【LACURI定期便のデメリット】
・少量のみの利用の場合、料金が高くつくことも
・定期縛りがある

しろふわ便

出典:しろふわ便
スクロールできます
料金(税込)スタンダード会員(月5回):10,780円(2,156円/回)
ボリューム会員(月8回):16,280円(2,035円/回)
プレミアム会員(月12回):20,680円(1,724円/回)
※クリーニング利用料別
利用可能頻度月5回/月8回/月12回
サービス対象エリア東京一部エリア
初回契約条件最低1ヶ月の継続が必要
その他・特典・初回2,420円のお試しプランあり

しろふわ便は東京都一部エリアで、選択代行・宅配クリーニングのサブスクを実施しています。

しろふわ便に登録すると、35L(7~9kg)の専用バッグがもらえます。

この中に洗濯・クリーニングをお願いしたい衣類を入れて預けるだけで、洋服が綺麗な状態になって帰ってきます。

ちなみに専用バッグにはTシャツであれば、60〜70枚程度入るほどの大容量です◎

出典:しろふわ便

なお、洗濯・クリーニングに出したいという時には、バッグに衣類を詰めて朝10時までに依頼しておけば、当日の集荷と翌日の配送が可能です。

※クリーニングは依頼する衣類の種類と数量によって、納期が変わるため注意が必要

集荷も玄関前に置いておく方法のほか、宅配ボックスも利用できますので、集荷に合わせての在宅が難しい方も問題なく利用することができますね。

また、しろふわ便は、個別洗いに対応しているので、他の人のものと一緒に洗われることに抵抗のある方も安心です。

出典:しろふわ便

なお、しろふわ便では、基本プランとして上表で示している料金が、洗濯利用料として発生します。

クリーニングに出したい衣類は、同梱にて集荷してもらうことはできますが、それぞれに別料金がかかります。

しかし洗濯の手間と、クリーニング店に持ち込む手間が同時に省けるという点を考えると、メリットの大きいサービスだと言えるのではないでしょうか。

しろふわ便の評判・口コミ

【しろふわ便のメリット】
・専用バッグに詰め放題で利用できる
・個別洗いに対応している

【しろふわ便のデメリット】
・対応エリアが限られる
・クリーニング利用時には別料金がかかる

Yclean(ワイクリン)

出典:Yclean(ワイクリン)
スクロールできます
料金(税込)アソートプラン:9,680円
スタンダードプラン:14,080円
プレミアムプラン:27,280円
隔月プラン:7,920円
※送料無料
利用可能頻度毎月/隔月
サービス対象エリア全国
初回契約条件なし
その他・特典・一部プラン長期利用割引あり

Yclean(ワイクリン)は、ここまでご紹介してきたサービスと少し異なるサブスクで、シャツのレンタルとクリーニングを行っています。

月に一度または2ヶ月に一度、ワイシャツが20枚届くので、着用して返却するだけというシャツを着用する機会の多い方にぴったりのサービスなのです。

ちなみに、届けられるシャツはあなた専用で、誰かと共有ではないというのも嬉しいポイント◎

出典:Yclean(ワイクリン)

なお、プランは全部で4種類。

いずれも1回のお届け量は20枚ですので、着用機会が少ない方は隔月プランがおすすめです。

アソートプラン・スタンダードプラン・プレミアムプランは、グレードが上がるごとにシャツの質が高くなったり、自分でシャツを選ぶことができるようになったりします。

個人のこだわりに合わせられるよう、プランが組まれているのも人気の理由の一つといえますね。

出典:Yclean(ワイクリン)

そしてスタンダードプランまたはプレミアムプランで「Yclean(ワイクリン)」を利用した場合、利用回数に応じて月額費用が安くなる特典が受けられます。

なんと月額料金が、5回目から8回目まで10%オフ、9回目から12回目まで15%オフ、13回目以降は23%オフになります。

最大23%オフの継続利用割引と、サービスの充実度の高さから「Yclean(ワイクリン)」のサービス継続率が8割を超えているのも納得がいきますね。

Yclean(ワイクリン)の評判・口コミ

【ワイクリンのメリット】
・自分専用のシャツが定期的に届く
・シャツのグレードも様々で、使い方に合わせてプランが選べる

【ワイクリンのデメリット】
・レンタル枚数は月20枚のプランのみ
・利用できるのはシャツのみ

まとめ

以上、クリーニングのサブスクをご紹介しました。

毎日使うものだからこそ、衣類はきちんと手入れをしていたいですよね。

綺麗に整えられた洋服を着て、お仕事やお友達とのお出かけに出かけましょう♪

服装が整っていれば、なんだか気分も上がるはずですので、素敵な1日を過ごせますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次