ニュース

株式会社 照正組 元気企業紹介

2013.10.18 Fri.


【元気企業(10)】
株式会社 照正組
台風のたびに"天災"とあきらめていませんか?
特許取得の新製品「NEW台風吹上防止板」登場


 沖縄では台風時に窓枠から雨水が入り込み、床や畳の劣化の原因になることが多い。雑巾などで内側から雨水の侵入を防ぐのが一般的だが、防ぎきれずに諦めている人も少なくないのが実状だ。
 株式会社照正組の「台風吹上防止板」は、そんな悩みを解決するべく開発された製品。防止板をサッシ窓の外側下方に取り付けることで、強風により雨水が吹き上がって室内に入り込むのを防ぐ。窓のサイズに合わせて伸縮可能な「伸縮タイプ」は平成25年度九州地方発明表彰で「発明協会会長奨励賞」を受賞。さらに雨水侵入防止の性能向上と軽量化、低コスト化を目指して改良した「ゴム付・固定式タイプ」の「NEW台風吹上防止板」は、今年9月に特許を取得した。今後は県内に加えて県外やアジアへの展開も見据える。既に、この夏の台風被害が深刻だった県外からの注文もあるそうだ。
 「特許も受賞も、社員の努力によってもたらされたものです」と話すのは、代表取締役社長の照屋義実さん。「人をつくり地域に尽くす」という経営理念を掲げ、地域への貢献を第一とする企業姿勢を徹底。顧客ニーズに対応するための一貫経営(企画・設計・施工・管理)を地道に続けながら、培ってきた信頼は業績にも着実に反映。今期の売上高は消費税増税前の駆け込み需要も手伝って、前期の倍近い50億円台を見込んでいるという。
 規模は小さくても強く、ユニークな事業経営が光る同社は今年で創業63年。まずは3代75年、そして100年の節目に向け、次世代への事業承継にも余念がない。照屋さんは「主力事業の建築工事に不動産やリフォーム、介護福祉事業も加えた『総合力』で地域のお役に立てるよう、変化を恐れず成長していきたい」とエネルギッシュに語ってくれた。


product.jpg patent.jpg

「NEW 台風吹上防止板」(特許第5354760号)は一間用で重さ2.2kg と女性でも持ち運び楽々。枠に傷をつけずドライバー一本で簡単に取り付けでき、取り付け後も窓の開閉が可能だ。窓のサイズに合わせたオーダーメイド方式ながら、一間用15,000 円(税込)からと手頃な価格設定なのも嬉しい


mr_teruya.jpg

「地域の信頼を得るには日々の積み重ねが何より大切」という照屋さん。建設現場近隣の清掃など地道な活動を通して「喜ばれることを喜び、自発的に気付くことの大切さを社員に伝えていきたい」と語る


株式会社 照正組
島尻郡与那原町字与那原3108(業務本部)
☎098-945-2233
http://www.terumasagumi.co.jp