ニュース

株式会社ファッションキャンディ 元気企業FILE

2016.12.21 Wed.


【元気企業(21)】
代表作「ちんすこうショコラ」が誕生20周年
株式会社ファッションキャンディ


「お菓子づくりを通して琉球の香り高い菓子文化=“琉球エレガンス”を表現」。これが株式会社ファッションキャンディの経営理念だ。沖縄の食材を使った菓子やハンドメイドケーキ、チョコレートなど幅広く手がけるが、代表作といえばやはり「ちんすこうショコラ」だろう。お土産に、またお茶菓子にと長く愛され続け、2016年12月に発売20周年を迎えた。
同社の創業は1975年、海洋博会場でのキャンディレイの販売にさかのぼる。代表取締役社長の知念律子さんは、「幼い頃にハワイ土産でもらったキャンディレイが原点でした。キラキラしたセロファンの中には外国のお菓子と一緒に夢が詰まっていました。そんなワクワク感をお客様に届けたかった」と創業当時を振り返る。
驚くほど売れたというキャンディレイだが、中身の菓子の製造を委託していた県外メーカーから、「5月以降の沖縄は暑すぎてチョコレートを供給するのは無理」と言われ、自社製造に乗り出すことに。「同じ南国のハワイではマカデミアナッツチョコレートを一年中つくっている。沖縄でもきっとできるはず、と取り組みました」
県外からチョコレート製造の専門家を招いて研究を重ね、1989年に本格的なチョコレートの製造を開始。さらに1993年にはちんすこうの製造にも乗り出した。当時は観光客数の増加とともに土産需要が伸びる一方で、ちんすこうの粗製品も増えていた頃だ。
「『ちんすこうだけはお土産に買ってこないで』と言われている観光客も少なくないと知り、ショックでした。そこで私たちなりに本当においしいちんすこうを作ろう、とこれまでの製法を研究・改善し、独自のレシピを開発しました」。南国生まれのチョコレートと、洋菓子メーカーならではのちんすこう。知念さん曰く「自然の成り行きで」これらが組み合わさり、ちんすこうショコラが誕生したのが1996年のこと。これが20年も愛され続けるロングセラーになるとは当時、誰も想像していなかったそうだ。
第1号フレーバーはダーク(チョコレート)。以後20年間で実に多彩なフレーバーが登場したが(下表参照)、いずれも同社社員がアイディアと情熱を込めて開発したものばかり。今回お目見えした20周年記念の限定商品「プレミアムちんすこうショコラ」もまた、ちんすこうショコラ史上最もチョコレートにこだわった逸品だという。
「様々な産地のチョコレートで試作を重ね、エクアドル産のシングルビーン(一つの産地、一つの農園で収穫されたカカオ豆)を使用したチョコレートを選びました。フローラルな芳香と適度にビターな味わいがココア味のちんすこうと相性抜群です」。チョコレート製造業者が加盟する工業組合でお披露目した際にも好評を博し、プロもそのおいしさを認めた上々の仕上がりに、知念さんも満足しているそうだ。
創業41年目となる同社は現在、製造部門60名と管理・営業部門50名の計110名体制。近年は新卒採用も行うなど組織の強化・活性化にも余念がない。「お菓子づくりを通して、いにしえの琉球人たちが築き、伝えてくれた“琉球エレガンス”を表現したい。その一心で、これまでずいぶんわがままを通させてもらいました。一生懸命に応えてくれた社員たちには心から感謝しています」と知念さん。「これからも自利利他の精神を大切に、また沖縄への誇りを胸に仕事をしていってほしいですね。私も事業承継を果たすその日まで、精一杯努めていきます」。穏やかな中に強さを秘めた知念さんの“琉球人魂”は、夢の詰まった数々の商品とともに受け継がれていくことだろう。 

OVS48_premiumchocola_up.jpg

OVS48_premiumchocola_box.jpg OVS48_premiumchocola_standpack.jpg
カカオの実や花が描かれた「プレミアムちんすこうショコラ」の化粧箱には、ベルベット加工も施されプレミアム感満載。箱入りタイプ(プレミアム10個・ダーク4個・ミルク4個の計18個入り)が1,000円、スタンドパックタイプ(プレミアム125g※約10個入り)が480円(いずれも希望小売価格・税別)


※クリックで拡大
ストロベリーにラムネ、マンゴーなどなど、長年のファンが「懐かしい!」とつい声を上げてしまうようなフレーバーもちらほら。この他にも季節限定・期間限定などで出ていたレアなフレーバーも存在するそうだ

OVS48_mschinen.jpg
知念律子さん。創業当初はリパック(菓子を仕入れ、自社企画・デザインのパッケージに入れて販売)を専門にしていたが、本格的な菓子作りにシフトして急成長。社員を本場・ヨーロッパへ研修留学させたり、海外から著名なパティシエやショコラティエを講師として招聘するなど、技術向上にも力を入れる


株式会社ファッションキャンディ
宜野湾市大山2-21-22
☎098-897-5194
http://www.fashioncandy.co.jp

 

最近のニュース一覧

OVSニュースランキング

アクセス数が多かったニュースランキングベスト5です。