ニュース

株式会社First Line 元気企業紹介

2014.10.10 Fri.


【元気企業(14)】
株式会社First Line
「快眠」のプロフェッショナルが
子どもの睡眠習慣を考えた専用枕を発売


 「ゆ~でぃきや~(沖縄方言で「賢い人」の意)枕」は、高さ調節や丸洗いに対応できる香り付きの子ども専用枕。開発したのは、〝快眠〞をコンセプトに寝装寝具品やアロマ、ハーブティなど多彩なアイテムを揃えたショップ「眠りの駅」を運営する株式会社ファーストラインだ。
 同社の統括本部次長、天久龍男さんは「『子ども用の枕が欲しい』という問い合わせがたびたびあり、既存品は種類が非常に少なかったので自社で企画することにしました」と開発の経緯を語る。寝具製造の有限会社屋富祖商事の協力で、子どもの体型や成長に合わせて高さを調節でき、洗濯機での丸洗いが可能な構造に。さらに有限会社沖縄長生薬草本社とも連携し、香りによる睡眠導入効果も期待できるドライハーブの専用サシェも付けた。
 天久さんは学力にも大きく影響するといわれる睡眠習慣の乱れについても言及。「子どもが自分専用の枕を持つことでスムーズに眠りにつけるようになれば、生活リズムを整える第一歩になり、日中の集中力も変わってきます。成長に必要な睡眠環境を作るのは大人の責任。沖縄の夜型社会のしわ寄せが子どもに及ばないよう、大人の意識も改善していきたいです」
 8月には商品発表を兼ね、眠りの駅プラザハウス店で「夏休み親子教室『香りまくら作り』」を開催。反応は上々で、良質な睡眠への関心の高まりを感じたという。
 アフターサービスも進化させ、寝装寝具やベッドマットレス、エアコンなどのメンテナンス事業「そーじさーズ」も展開する同社。「快適な睡眠環境をコンサルティングするのが私たちの仕事。『よく眠れたよ』と喜ばれることが、社員のやりがいに繋がります。お客様のお話をよく聞き、丁寧に説明することで信頼関係を結び、的確な提案ができる〝眠りのプロ〞の育成を進めていきます」と天久さん。最近は医療や介護の分野からの問い合わせも増えているという。「子ども、高齢者と様々な角度から商品・サービスを提案しながら、眠りに対する意識向上を図っていけたら」と話す天久さんは、社会的貢献度も将来性も高い自社の事業のさらなる展開に意欲を燃やしている。

makura.jpg
「ゆ~でぃきや~枕」5,400円(税込)。中材はパイプ素材と寝具用ポリエステル綿の2種から選べる。ファスナー付きの2つの袋に入った中材の量を調整することで高さを調節できる

makurawithkid.jpg
「いい匂い!」リラックス効果を促すハーブの香りは子どもたちにも好評

amekusan.jpg
天久龍男さん。自らも「睡眠環境診断士」の資格を有し、商品企画や提案営業はもちろん後進の指導にも力を入れる


株式会社 First Line
那覇市おもろまち3-7-15
☎098-988-8231 
http://www.nemurinoeki.com