ニュース

沖縄子育て良品株式会社 元気企業FILE

2017.12.22 Fri.


【元気企業(24)】
特許取得の「SANGOくっしょん」で
子育て中のお母さんも赤ちゃんも笑顔にしたい
沖縄子育て良品株式会社

「安心・安全」をテーマにした子育て関連商品の開発・販売を行う沖縄子育て良品。自らも3児の母である代表取締役の野添かおりさんが「我が子に安心して使えるものを」という想いで2004年に開業した。
「当時まだ沖縄では入手しづらかったUVカットの帽子やラッシュガードなどの仕入販売からスタートし、徐々に自社商品の研究開発にも取り組むようになりました。その後、2009年に沖縄県産業振興公社のOKINAWA型産業応援ファンド事業の採択を受けたことをきっかけに、さらに積極的に商品開発を進めるようになりました」と野添さん。現在では布製品や木工品、日焼け止めや虫よけスプレーなど自社オリジナル商品は60アイテムを超える。
 そんな中で今、最も注目したいのが2016年11月に特許を取得した「SANGOくっしょん」だ。授乳時に赤ちゃんとお母さんが楽な姿勢を保てるよう、特許取得の立体縫製技術を採用。従来品にはなかったさまざまな工夫が施されており、口コミなどでじわじわと人気が広まっている。「育児経験のある助産師と共同開発したもので、赤ちゃんの姿勢と発達に着目して考案しています。中綿の分量を従来品の3〜4倍量使用しているのでへたりにくく、赤ちゃんを乗せてもつぶれにくくなっています。真ん中のくぼみに別売のミニクッションをはめれば、赤ちゃんが心地よく眠れるお昼寝ベッドとして使えるのも特徴です」
 発売間もなく県内数カ所の産婦人科病院に導入され、使ってみて良さを体感したお母さんが退院後に自宅用として購入する事例も増えているという。「今後はもっと多くの病院やセレクトショップなどにも置いてもらえるよう、働きかけていきます」と野添さんは言う。
 スタッフ全員での勉強会にも力を注ぎ、沖縄のさまざまな社会的課題の解決にも取り組んでいる同社。「『沖縄の元気マルシェ』というイベントを開催し、売上の一部を子どものひきこもりや貧困に関わっている団体に寄付しています。今後は地域と連携して、障がいのある人や産後うつで悩む人が活躍できる場所もつくっていきたい。商品開発や販売を通して地域に貢献できる会社でありたいと願っています」

kosodate_shijirapink.jpg

kosodate_cushions.jpg kosodate_mama%26baby.jpg
助産師とともに何度も試作品を作り、1年ほどかけて完成した「SANGOくっしょん」(店頭税別価格7,500円※オーガニックコットン製は8,500円)。お母さんの腰にフィットし、赤ちゃんを一定の高さに保持できるため、両手が楽になり肩こりなどの悩みが軽減されると好評だ。安心・安全にこだわり、企画開発から縫製まで県内で行う。クッションカバーは取り外して洗濯も可能。20種ほどの色柄から選べる上、ベビースリング(抱っこひも)や「SANGOミニくっしょん」とお揃いにできる柄もあるので、セットでギフトにも最適

ms_nozoe.jpg
野添かおりさん。10代の頃から環境問題と向き合ってきた経験から、スタッフ全員でゴミ処理施設の見学を行うなどさまざまな勉強会を行い、問題意識をもって経営に取り組んでいる

沖縄子育て良品株式会社
南風原町宮平259-101 ☎ 098-996-2550
https://www.kosodate-ryouhin.co.jp

最新TV映像バックナンバー

[企業訪問]  第352回 (株)ゆがふホールディングス
「響き合う豊かさと夢」を経営理念に、5つの企業を一つにまとめあげた「株式会社ゆがふホールディングス」。そのねらいは、経営の効率化、意志決定の迅速化、経営資源をフル稼働し、企業価値を上げること。 厳しい経営環境の中、グループ企業が結束し、互いの強みを共鳴させて、相乗効果を生み出す。その取り組みについて、代表取締役専務の前田貴子さんにお話を伺いました。
[放送日] 3月27日(土)

沖縄発のクラウドファンディングサービス!登録ユーザー数500名・累計応募成立額1億円突破 ソーシャルバンクZAIZEN株式会社

2017.12.22 Fri.

【ネットワーク会員 PRESS RELEASE(131)】
沖縄発のクラウドファンディングサービス!
登録ユーザー数500名・累計応募成立額1億円突破
ソーシャルバンクZAIZEN株式会社



ソーシャルバンクZAIZEN(株)が手がける「Pocket Funding」は、2017年8月の開始後約3ヶ月で登録ユーザー数が500名を突破。ファンド累計応募成立額も1億円を超えました。資金を必要としている借り手と資金を運用したい投資家を、ネットを介して結びつける「Pocket Funding」は、株や外貨等の金融商品と比べて市場動向に左右されにくく、投資初心者でも参入しやすいのが特徴です。2017年12月31日までキャッシュバックキャンペーンを実施中。

pocketfunding.jpg




ソーシャルバンクZAIZEN株式会社
☎ 098-988-8914(担当:吉永)
https://pocket-funding.jp/

米国政府企業登録(SAM)代行に続き電子請求(WAWF)登録代行を開始 有限会社アンテナ

2017.12.22 Fri.

【ネットワーク会員 PRESS RELEASE(130)】
米国政府企業登録(SAM)代行に続き
電子請求(WAWF)登録代行を開始
有限会社アンテナ



(有)アンテナでは、米軍や米国政府の業務受注を希望している企業向けに「登録代行サービス」を行っています。手順としてはまず、入札の必須条件であるSAM(オンライン業者登録システム※1年更新)に登録します。業務受注後にはWAWF(電子請求システム)の登録も必須になります。「各種登録画面が英語で難しい」という方にはアンテナの登録代行サービスがおすすめです。日本語で毎日配信される「米軍入札情報配信サービス」もお試しください。

antenna.jpg




有限会社アンテナ
☎ 098-860-5218(担当:仲松)
http://www.antenna-okinawa.co.jp

新発売!! パリッと香ばしい海鮮せんべいに沖縄の風味をプラスした「沖縄せんべい」 沖縄特産販売株式会社

2017.12.22 Fri.

【ネットワーク会員 PRESS RELEASE(129)】
新発売!! パリッと香ばしい海鮮せんべいに
沖縄の風味をプラスした「沖縄せんべい」
沖縄特産販売株式会社



沖縄県の特産物や健康食品の加工製造・卸小売を行う沖縄特産販売(株)は、このたび新商品「沖縄せんべい」を発売しました。イカや魚を使用したこだわりの海鮮せんべいに、沖縄県産の青切りシークヮーサーと島とうがらしで風味づけしました。シークヮーサーの風味と島唐辛子の辛さが絶妙な味わいを奏でます。辛いもの好きの方にもおすすめです。4枚×2袋入りで、県内のお土産品店や豊見城の自社店舗「ヨナーズ」など沖縄県内限定で販売しています。

okisen.jpg



沖縄特産販売株式会社
☎ 098-850-8953(担当:仲西)
http://www.okitoku.co.jp/

株式会社求人おきなわ 元気企業FILE

2017.08.10 Thu.


【元気企業(23)】
県内初! 人事・採用担当者のお役立ち情報満載
ウェブサイト「採用のテビキ」がオープン
株式会社求人おきなわ

株式会社求人おきなわは、総合求人情報誌「Agre(アグレ)」の発行や「WEBAgre(ウェブアグレ)」の運営、新卒・転職・学生バイトに特化した就職情報サイト「joonavi(ジョーナビ)」の運営、合同企業説明会の開催など、雇用に関わるトータルサービスを展開する企業。2017年5月には人事・採用担当者向けウェブサイト「採用のテビキ」を開設し、登録ユーザー数を急速に伸ばしている。
同サイトは登録無料の会員制で、求人・採用に役立つ多様な情報を入手できる。サイト内は大きく4つのコンテンツに分けられ、県内労働市場の各種統計結果のポイントをまとめた「統計データ」、求職者と求人動向に関する独自資料を閲覧できる「調査レポート」、採用課題を克服した企業の取り組みを紹介する「採用成功事例」、人事担当者の疑問に答える「採用に関するQ&A」となっている。いずれも沖縄の現実に即した情報が開示され、実質的な指標として活用できるのが特徴だ。
サイト開設に至った経緯を、営業企画部課長の田里幸司さんはこう語る。「昨今の県内の求人難は過熱の一途をたどっており、完全失業率が改善する一方で有効求人倍率は1.13倍(注:2017年5月現在)と、復帰後最も高くなっています。当社では1988年の創立以来集積してきた県内雇用情勢や求職者動向などのデータを、採用成功に結びつける提案に用いてきましたが、これらのデータを読みやすくまとめて公開すれば、人材確保に苦しむ方々の助けになるのでは、と考えたのが『採用のテビキ』の原点です」
サイトの構築にあたっては、「人事専任の担当者を置けない事業者の方にも見やすく、わかりやすいように」との思いで取り組んだという田里さん。その結果、まだ同社との取引のない企業や教育機関などからのユーザー登録も増えているという。「登録者数はおかげさまで1000名を超え、『成功事例の取り組みを自社でもやりたい』『採用までのプロセスがよく分かった』といった反響が寄せられています」
求人を行う事業者の活動をサポートするこうしたサイトは、県外には例があるものの県内では初めてとのこと。「今後は登録ユーザー数をさらに増やしながら、イベントやセミナーなどの情報もタイムリーに掲載し、県内の求人・採用に役立つ情報がすべて網羅されたサイトにしていきます」と田里さん。2018年に創立30周年を迎える同社の存在意義と信頼性を高めるべく、サイトのさらなる充実を目指したいと意気込みを語ってくれた。

P10_1_tebiki_logo.jpg


※画像をクリックして拡大

「採用のテビキ」は4つのメインコンテンツ(本文参照)のほか、「募集・採用の基礎知識」や、雇用契約書などの資料をダウンロードできる「すぐに使える活用資料」、法改正や助成金の情報を紹介する「知っ得! 法令&助成金」なども網羅。サイトは随時更新され、新着情報をメールで受け取れるメールマガジンの登録も受付中だ
「採用のテビキ」 https://kyujinokinawa.co.jp/client/

P10_3_resized_mr_tasato.jpg

田里幸司さん。県内の中小企業から個人事業主まで幅広くサポートする「採用のテビキ」は、県内に事業所を置く県外企業の人事担当者からも「県外にいても沖縄の状況が分かるのでありがたい」と喜ばれているそうだ


株式会社求人おきなわ
那覇市天久1044-2 
☎ 098-862-2490
https://kyujinokinawa.co.jp

タブロイド情報紙  最新号


沖縄ベンチャースタジオタブロイド版53号
2018年3月発行

OVSニュースランキング

アクセス数が多かったニュースランキングベスト5です。